未分類

望月の歌

藤原道長が「望月の歌」を詠んでから1000年目の満月

本日2018年11月23日の満月は上記の日だそうで、大変貴重だと感じました。

藤原氏の時代ですと奈良、平安の時代に当たりますね。

そんな時代から1000年ってなんてロマンチックな日なんでしょうか!


以前平安貴族の直衣衣装を着せて頂いた時の事を思い出します。

私の和装生活の原点です。

肝心な藤原道長の歌

「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の欠けたることもなしと思へば」

結構、自信満々な意味のお歌だそうで、私にもそんな自信を分けて頂きたい限りです。

そんな彼の自信の恩恵にあやかりたくてお写真を撮りました。

れいちぇる撮影

自宅の窓から丁度見えたの外に一歩も出ず撮影出来ました。笑

自信を身に付けたいです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

和装の着付けを習い始めました。ど素人ですが知識を身につけつつ和装生活を楽しんでいこうと思います

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。