お着物,  お裁縫,  小物

英衿芯

先日購入した挿しこみしきの衿芯が必要ない『三河芯』を取り付けてみました‼︎

↑購入した衿芯

↑この長襦袢に縫い付けていこうと思います‼︎

↑背中心から肩にかけてしわの寄らないようマチ針で留める

↑ざっくり波抜い(芯が硬くて細かく縫うのは容易でない…汗)

↑ソレに半衿を取り付ければ完成‼︎

※取り外しが簡単な様に半衿を安全ピンで留めています

↑着せるとこんな感じに

↑衣紋もカーブが綺麗に出ています。

芯の固さも丁度よく、衣紋の抜け方もカーブもとてもいい感じです。

あとは実際自分が着てみて胸元と、衿崩れがどうなるか体感しないとです。

ここら辺で衿が落ち着くといいなぁ〜。

期待星5個‼︎


次は令和の新時代になってからお着物を着る予定になっています。

楽しみ‼︎

それでは皆様コレからも応援よろしくお願い致します

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

和装の着付けを習い始めました。ど素人ですが知識を身につけつつ和装生活を楽しんでいこうと思います

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。